ブログな日記♪F

一人の学生である前に一人の人間。一人の人間である前に一人のアニヲタ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CLANNAD 16話 「白い闇」 感想

――渚のにおいがする――

そんな訳でCLANNADの感想。





あらすじ
クリスマス、渚の21歳の誕生日。
―そしてさらに時は経ち―
元旦。春原達とみんなで飲む。
そこでことみがとある話をする。
―そしてある大雪の日―
汐は産まれたのだった。
・・・・・そして渚は死んだのだった。



渚ぁぁぁぁぁ
後半がやばかったです。
「少し疲れてしまいました。ちょっとだけ、休ませてください…」
これが最後の言葉になろうとは。
朋也もネガティブな方向に進むし・・・・・
これから汐に不幸なことは訪れませんように^^



これからの展開として注目すべき所はことみの話。
もうひとつの世界って幻想世界のことですよね。
ここで思ったことが一つ。
ずっとあの少女は汐だと思ってたんですが
あの少女=渚、ロボット=朋也
でも通用するのでは?
こっちのほうがいろんなことを説明できると思います。
あくまで推測なんでこれからの展開によりますが。



渚にはもっと生きてて欲しかったです。
まだ話数もあるし汐との思い出も作って欲しかったです。
これから例の酷い話を8話ですか・・・・・
精神が耐えれるか勝負ですね(笑)
スポンサーサイト

| アニメレビュー | 22:23 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://atikoron.blog87.fc2.com/tb.php/157-7d1d5a8a

(アニメ感想) CLANNAD -AFTER STORY- 第16話 「白い闇」

CLANNAD AFTER STORY 4 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る この世界のすぐ隣にあるとされる隠された世界・・・。しかし、見ることも感じることも出来ないもう一つの世界。それでも、二つの世界は時間や空間や人の意識が響きあって深く結びついているという・・・。

| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/01/30 23:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。